注文方法

目次

注文パネル(現物売買/信用新規返済)

注文パネルの呼び出し

新規注文操作パネル

呼び出し方法1
以下の画面から特定の行をタップして操作メニューを表示します。

【保有/履歴】-[保有株]
【保有/履歴】-[信用建玉]
【保有/履歴】-[注文履歴]
【保有/履歴】-[約定履歴]

操作メニューから[注文]をタップします。
※注文に対する規制措置のある取引注意銘柄の場合、タップすると取引注意情報ダイアログを表示します。

新規注文アラートダイアログ

呼び出し方法2
以下の画面に表示される[注文]や値、検索結果をタップします。

【銘柄情報】のヘッダー
【銘柄情報】-[板情報]の成行、気配値の値
【ホーム】-【アラート/通知】-[プライス]で設定した、個別銘柄のプライスアラートの通知ダイアログ
【ウォッチリスト】-[ブラウジングモード]
【銘柄検索】-【株主優待】-[一般信用売検索]の検索結果

※取引注意銘柄の場合、タップすると取引注意情報ダイアログを表示します。

注文方法

現物売買/信用新規返済注文が行えます。

新規注文パネル

注文内容を設定します。
※注文内容の組み合わせにより、選択、入力できない項目があります。

①口座区分
口座区分とNISA口座の開設状況に応じて特定/一般/NISAから選択できます。

②注文タイプ
注文タイプを選択します。
逆指値を選択すると逆指値条件の設定が表示されます。

取引区分
取引区分を選択します。
制度信用/一般信用を選択すると銘柄の信用期間が表示されます。

売買区分
売買区分を選択します。

取引数量(株)
取引数量を入力します。

返済チェックボックス
制度信用/一般信用の場合に有効で、チェックすると返済注文になります。

指値/成行(円)
注文価格を設定します。
「成行」にチェックをして注文確定すると成行注文を発注します。
※[板 >]をタップすると板情報に移動し、板情報で選択した価格を反映します。

執行区分
執行区分を選択します。
※注文タイプに逆指値を選択すると寄付の選択はできません。

有効期限
有効期限を選択します。

取引暗証番号
取引暗証番号を入力します。

③余力情報
余力情報を表示します。

注文確認

[確認画面へ]をタップし、注文確認画面で注文内容を確認します。
注文内容に問題がなければ、[注文確定]をタップし注文を完了します。
※同意確認が必要な銘柄や注文の場合、[確認画面へ]、[注文確定]をタップすると同意確認ダイアログを表示します。
【ホーム】-【設定】-[注文設定]で確認画面を省略している場合は、[確認画面へ]ではなく[注文確定]が表示されます。

【ホーム】-【設定】-[注文設定]から以下の設定が行えます。
・注文確認画面を省略
・取引暗証番号自動入力